胃をヒーリングしたら・・・食習慣が変わった〜〜〜びっくりだ。

ヒーリングスクールの友人と、臓器のヒーリングを一つずつ交換している。

 

たまたま友人が胃の調子が悪いというので、その日は胃をヒーリング交換することになった。

 

正直いうと、胃って胃袋。そう、ただの袋じゃないのかな〜ってちょっと軽く見ていた。。。。だって、消化器で一番大事なのは、肝臓って、習ったので、そう思い込んでしまっていた。

 

でも同じところやって交換していった方が、いろいろ見られて面白いしって、いうことで、交換した。

 

いや〜〜〜びっくりしたよ〜〜〜〜〜。

胃袋って、すごい大事なところだった。

というのが、胃のヒーリングを受けてはっきりわかった。

 

始まる前は、胃ってどこ?というくらい自分で胃の位置が掴みにくかったんだけど、

ヒーリングが始まったら、おなかがきゅるきゅる〜って鳴りまくって、15分間鳴りっぱなしだった。

 

最初自分の胃がひどく重〜く感じられてきて、

なんとなく自分の胃の状態がわかった。あと頭が芯から緩んだ。

 

あとから聞いたら、友人は、私の胃のエネルギーのゴミをそれはそれは丁寧にとってくれたという。

 

ヒーリングの体感と、ゴミの話を聞いて、

私は、自分の普段の食べ方を思い出して、反省していた。

 

早食いで、口中にまだあるのに入れてしまうタイプ。

あ〜胃の負担を考えずに、どんどん突っ込んでたな・・・

ごめん、私の胃。って素直に思えた。

 

消化器を象徴的に捉えてみると、

消化できるかどうか中の様子を聞かずに、いろんなものを取り入れて、

消化が大変になって、パンク状態、疲労している、

という構図が目に浮かんだ。

 

こちらもまた本当に自分が現れていたわ。。。

 

消化できないものは、入れなくていい、

っていうことが自分の内臓と心のためには大事なことだった。

 

ペースダウンも私の大切なテーマだ。。。

 

いろんなことに気づかされた胃のヒーリング。

とっても大事なところだった。 

 

師匠のブログを 見てみたら

胃は3チャクラ、バウンダリー(境界)

と書いてあって、やっぱりそうか〜〜と。

 
いらないものは口に入れる前に、いらないと言えた方が消化は大変じゃない。(そりゃそーだ)
 

内臓には、これまでの生き方のパターンが、埋め込まれているな、と思ったよ。

 

食べ方を変えると、結構人生変わると思うけど、

食べ方を変えるのは、だから、とってもハードチャレンジなんだと思う。

ダイエットが長続きしないわけだ。

 

ヒーリングを受けると、そこの臓器へ、自分の意識が行くようになる。

思わぬパターンに気づかされたりすることも多い。

人から指摘されるよりも、自分で気づいていく方が、ずっと有効的だ。

そして自分で変えていく力になる。

 

今回も、私は、食べるスピードを自然にスローダウンできた。

以前、箸休めがいいと聞いて、トライしたけど、すぐに忘れてしまった。

頭から入ったことは、なかなか続かない。

 

ヒーリングを受ける前は、元気です、と言ってた人が、

受けたあとに、私疲れてたんですね、と言うことも多い。

 

そんな自分の体の調子、心の調子、エネルギーの状態に、自分で気づいていかれるようになれたらすごくいいとおもう。

 

Sobo 1906 405
Dr. Johannes Sobotta from Sobotta's Atlas and Text-book of Human Anatomy 1906 / Wikipedia

 

ぴかぴかの胃袋っていいよね。